屋根塗装やエクステリアのリフォームは専門業者へ|選択は充宅

作業員

塗装の種類

下地補修を丁寧におこなうことが大事

外壁塗装においては、下地補修という作業が特に重要となります。下地補修とは、外壁を塗装前にできるだけ良い状態にしておくことです。 下地補修の作業としては、具体的には洗浄とケレンとシーリングとがおこなわれます。洗浄とは、コケや汚れなどを水または洗浄液で洗い流すことです。ケレンとは、古い塗膜を除去したり金属部分のヒビを落としたりする作業です。そしてシーリングとは、外壁のヒビを埋めたり欠けている部分を補ったりする作業です。これらをおこなっておくことで、仕上がりは美しくなりますし、塗料の持ちも良くなるのです。逆に言うと、これらの作業を怠ると、でこぼことした仕上がりになったり、塗った塗料が簡単にはがれたりする可能性が出てくるということです。そのため外壁塗装では、下地補修を丁寧におこなうことがとても大事と言えるのです。

よりグレードの高い外壁塗装にするために

外壁塗装の下地補修の中でも特に重要なのが、シーリングです。昨今では、サイディングボードという比較的コンパクトなサイズの板をつなぎあわせることで、一枚の外壁にするという建築が多くおこなわれています。各サイディングボードは、ゴムのような接着剤でつなげてあります。そして外壁で一番ヒビが入りやすいのが、このつなぎ目の部分です。ゴムは乾燥することで縮みますが、この接着剤もやはり乾燥により縮み、それによってヒビ割れていくのです。 このヒビの部分を、新たに接着剤を入れることで塞ぐ作業がシーリングです。しかしシーリングは、古い接着剤を完全に除去して、新たな接着剤で再度つなぐという方法でおこなうことも可能です。その方が、各サイディングボードがよりしっかりとつながるようになります。また、ヒビの部分のみに注入する場合と比べると凹凸が生じにくく、なめらかな見た目となります。よりグレードの高い外壁塗装にするためには、必要な作業と言えます。